ハコダテノチュウシンデミセヲアケル -函館 末広町 伝統的建造物-

伝統的建造物で,

お店やってみませんか?

 

この建物は、明治42年建築の建物を昨年10月に復元した。

復元前の外観がコレ。

歴史的な趣を感じない『ただの古い家』然としていた。

唯一、雰囲気を残していたのは『屋根』

という建物だったものを見事に

生まれ変わった。

伝統的建造物の証であるプレートも

正面に貼り直し。

 

復元を設計した建築士は富樫雅行建築設計事務所の富樫さん。

こういった古民家改修のスペシャリスト!

自ら住む家も西部地区の古民家をセルフリノベーションして住むという

力の入りよう。

この建物の状況や背景なんかは自分よりめっちゃ詳しい。

富樫さんのホームページにも掲載されているので、

ぜひ、どうぞ。

富樫さんホームページ ←をクリック

 

この建物の1階一部分を貸店舗として募集中です。

実は、一度店舗はオープンする予定で進んでいたのですが、

借主さん側のご都合で、オープンができなくなり、

再募集となりました。

新聞にもカフェオープンまで出ちゃったのですが、

これは、あえて『チャンス』です!と言いたい!

新聞にも取り上げられるような物件です!

 

これからもインバウンドを含め観光需要も進んでいきます。

函館には『らしい』建物を望んで来られる観光客が大勢います。

観光の中心で、名物店になってみませんか?

 

ぜひぜひ、ご検討を!

物件の詳細はこちら ←をクリック

 

 


ハコダテノチュウシンデミセヲアケル -函館 末広町 伝統的建造物-」への1件のフィードバック

コメントを残す